HOME>PROFILE etc.

PROFILE etc.

LAILA

20151217153350.JPG
  【 ベリーダンサー / 講師 / 振付師 】
 

【LAILA】はアラビア語で【夜】であり、トルコ語では【花】。 ペルシャの伝説 「レイラ &マジヌーン」の【永遠の女性】を体現。

 

プライベートでは2012年4月よりVegan生活を実践。  Veganであることはダンサーとして理想的な身体を創るためにもとても良いことのようです。 そして、自然環境や動物、人間の理想的な関係性を究極のオアシスとして思い描き、またパンドラの箱から最後に出て来た希望の象徴である青い蝶を隠れたテーマに、2014年より、ショー "Oasis Butterfly” を企画しています。

ベリーダンス(オリエンタルダンス) について

ベリーダンスはアラビア語ではRaqs Sharki(東の踊り)といわれ、腰やお腹、胸の動きに特徴のある、大変官能的な踊りです。

歴史は古く、起源は古代オリエントの時代。 アラブ各地で美と豊穣の女神を奉り、現代まで踊り継がれて来た癒しと娯楽が融合する、幻想的でエキゾチックなダンス。

イメージとしては、胸と腰に薄い布を纏って、腰には揺れる装飾、顔はフェイスベールで目から下は少し隠した衣装など、それだけでもとても魅惑的な感じですが、腰や身体全体、腕などを 8の字の、裏も表もないメビウスの輪のように動かしたり、くねらせたり、円を描くなど、巡り巡る自然界のエネルギーの動きを現すものも多く、人間の身体にも自然なムーブメントがたくさんあり、自分も自然の一部だと感じられます。 

 

一般的には、オスマン帝国時代にトルコのハーレムで踊られていたことがあまりに有名です。 その後近年になると、欧米社会では女性本来の美しさに目を向ける動きが高まり、また古代エジプトでクレオパトラが踊ったという話やパリでは後にスパイとして知られたマタハリが踊ったなどミステリアスなイメージや、その老若男女を魅了する動きから爆発的なブームを呼びました。 女性の曲線美を最大限に生かすことから、ベリーダンスといえば男性を誘惑する踊り、男性のために踊るもの、というイメージが定着しましたが、本来女性は「自分の美しさを楽しむ生き物」でもあり、そんな本能に従って踊る女性の姿を見た男性が次々と虜になっていった、というのが本当のところかもしれません。

私はFemme fataleやformidableという言葉が好きですが、近代でもベリーダンスを踊る女性が各界の男性を魅了し、時に運命まで変えてしまうこともあるとかないとか。。。 それだけこの踊りが魅力的であることを物語っているようです。

 

現地では今でも、結婚や出産のような女性がひときわ輝くタイミングには必ずベリーダンスが踊られ、大地や女性・母体信仰が起源であったことをうかがわせます。

 

Majaarah  Bellydance マジャーラ ベリーダンス について

スタジオ名はアラビア語で 「宇宙」 または 「宇宙といわれる場所」 を表す、というアラブ人の友人の言葉から。            

天と地を繋ぎ、自らの肉体が神殿となる時、その踊りは古来からの意味を放ちます。

腹部(Belly)をくねらせる独特の動きは、しなやかで女性らしい魅力的なボディラインを作り上げ、自分自身のカラダを使い表現する喜びを味わううちに、それは癒し(healing)となり、ココロとカラダは解放され、普段意識することのない「魂の喜び」までももたらします。 

一曲の振付をレッスンで習得するタームはおよそ4か月。 ハフラ(ミニ発表会)で踊って成果を発表します。 他、ボランティアで踊る機会や、実力次第ではショーの出演もあります。

レッスンでは丁寧な全身ストレッチ、身体の各部を自由に動かせるようなアイソレーションの練習、そして振付を練習します。

初級クラスは軸を作る筋トレと、姿勢や手先足先を美しくするトレーニング、応用のムーブメントを練習し、更に美しく踊ることを目指します。  継続して練習に励むうちに、健康的で女性らしい、色香の漂うボディラインへと変化していき、新たな魅力が輝き出します。

私の教室、マジャーラベリーダンスでは、
所謂「踊り」でとどまらず
踊りの放つ「本来の力」を知ってもらえたら、と思っています。

”Devine Dance” 

心に浮かんでくる言葉。
踊る人も、観ている人も、神性を見いだせるような踊りを、踊って欲しいと思っています。

 

LAILA Profile

略歴:   1995年頃ロンドン留学中の旅先、トルコにてベリーダンスに出会い、「必ず将来ベリーダンスを踊る」という予感のままに1998年より学び始める。
その後、日本、アメリカ、エジプトでも数多くのスターダンサーに学び、トルコ、モロッコ、ヨルダンなど、特にエジプトとトルコには何度となく赴く。2000年~数々のレストランショーに始まり、企業イベントやクラブでのショー、2004年~ジムやベリーダンススタジオでの講師経験を経て、2015年に神楽坂にスタジオ Majaarah Bellydance  (マジャーラ ベリーダンス) を創立。

 

不思議な体験:   私がベリーダンスを始めて、暫くしたある日、不思議な夢を見ました。  見たこともない、大昔の神殿の前にある、大理石のようなベッドの上で目覚めたのです。 白い階段。 美しい石柱。 旅人が 行き交う中、私はその神殿の、儀式に使うための美しく磨かれた大きな石の上で眠りから覚めました。 アラブに詳しい人に話したところ、それがベリーダンスに縁の深い、「イシュタール神殿」なのだと知りました。    夢とも現実ともつかない、不思議な体験で、まるで寝ている間に、巫女だった頃の自分の過去世にタイムトラベルして来たようです。

 

踊りのスタイル:   技術を磨きつつ、より自分らしいオリエンタルダンス、【女性性の解放・癒しと娯楽の融合した形としてのベリーダンス】、古典的なエジプトの踊りを大切にしつつも伝統に捉われない表現を好みます。  

また、近年ではヒーリングを通してエネルギーワークやスピリチュアリティも学び、【天地と繋がる】エネルギーの肉体感覚を踊る時にも生かします。

~~~ 幻想的で優美な動きは 一度見たものを虜にする ~~~   といわれる。